藤田嗣治展へ2018/12/10 14:01

 やっぱり、観たいな と朝から
大急ぎで着物を着、
藤田嗣治だから、やっぱり猫帯にし、
猫帯

でも寒いから羽織で後ろ猫を隠して出向きました。

 京都国立近代美術館へ。

藤田嗣治自画像


 朝早めだったので思ったほど混んでなく
一人じっくり堪能出来ました。

 展示されていた絵は126点。

 フランスに行き、すぐに日本で学んだ技法は捨て去り、
ヨーロッパを学びながら
自分の独自性を模索。

 白と黒を追及。

 筆と墨汁であの柔らかな曲線を描き、
多くの女性に自画像を描いてほしいと頼まれたみたいですね。
ベットや壁、椅子にかかった布地の曲線の柔らかさ、リアル感。
洋服のしわの柔らかさ。
よかったです。

裸婦の豊満な曲線も優しげで美しい。
そして
風景の線も箪笥とか描く形がまんまの直線でなく
曲りがあって
使用感生活感が いきいきしている。

帰り 萬養軒の入口メニューの
藤田嗣治展にちなんだメニューが目に入り
半券を見せたら飲み物一杯サービスとあったので
思わず入店。

 コースメニューの値段も見ずに注文。
ちょっと高値だったです。((+_+))

エスカルゴ
       メインはエスカルゴでした。
       こんなんを食べてたんかな思いながら、、、。


帯

コメント

_ yoko ― 2018/12/12 07:02

わあ~、私も金曜日に行くつもりよ~。
でも、さすが、つららちゃんの帯~~~!!

_ ミッフィー ― 2018/12/12 08:42

つららちゃん やっぱり行ってきたのね。
猫ちゃんの帯、可愛い♡
前回平成18年にやはり京都国立美術館で開催された時は、確か一緒に観に行ったよね。←うろ覚え
その時のグッズの一筆箋は数枚残ってますよ。カフェで女性が頬杖をついてる絵です。
また観れて良かったですね。エスカルゴもいいなあ!

_ つらら ― 2018/12/12 10:26

わぁ~yokoちゃんも行くのね。
週末で終わりですもんね。
良かったですよぉ~~!(^^)!

_ つらら ― 2018/12/12 10:33

カフェの女性の黒の洋服の柔らかさも
素敵でした。
さすが126点も見ると
少し疲れましたが満腹感は幸せ感でもありました。
でも足先木が しもやけになりました。((+_+))笑)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャーと鳴く動物を漢字で書くと

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ukiukiaruko4.asablo.jp/blog/2018/12/10/9010500/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。