蒸し暑すぎる週末2017/07/03 10:28

 家の中でかく汗と外を歩いてかく汗は
やっぱり違うかな? と重い腰を上げ
えっちらおっちら 近くの神社を上がってきました。

 案の定、パンツも上着もグッショグショ!!

境内近くで七夕飾り
       (願い事をかけられるようになっていました) 
 
色づきが綺麗な梅
      (中間地点にある神應寺庭の色づき梅がきれいで、、)
池のハス
       (下まで下り高良神社の池の蓮)
       (梅雨時の空気と蓮が似合う)

 じっとりしたのちは
こんなヤマト芋のとろろ汁の麦ごはんで
食が進みます。

とろろ汁

 ちなみに今朝、
集団登校前のオマゴチャン家に立ち寄ったら
  (登校に遅れてはいけないので、、、)
週末、七夕作り教室で作ったのが飾ってあった。

 小3の長男君の短冊には
「頭がよくなりますように」
「お金持ちになれますように」

 小1の二男君。
「あしがはやくなりますように」
「じてんしゃにのれますように」

    (#^.^#) ((+_+)) (#^.^#)

京都迎賓館ガイド付き一般見学へ2017/06/12 13:39

  土曜日、
烏丸丸太町から御所を横切り
銀閣までテクテク歩く予定をし、
折角だから御所内の迎賓館前を通ろうと歩いていたら
受付テントがあり、係りの人たちに
「今空いてますよ、ガイド付き見学なさいませんか」
と声をかけていただき、
お~一度中を見てみたい!思っていたし
その場で申し込みました。

 建物地下で赤外線手荷物検査をし、料金を支払い番号札をもらい、
荷物をロッカーに預け順番と注意事項を聞き
待ちます。

  15分ごとにグループ出発の1時間見学コース。
昼ご飯時だったので、事前申し込みの人は避ける時間帯か、
飛び込み者だけの たった三人での
ゆったり見学となりました。

来客の入門を内側から見る
    (賓客の出入門を内側からみる)

藤の間
      (パーティーや食事が大勢で出来る藤の広間)

       (伝統技があちこちにちりばめられている)

           (和紙の天井灯)


       (透かし彫りの昆虫が下の天井隅に描かれている)
       (廊橋の天井、↑ 舟底形)
       (名前、聞いたのに忘れたが ↑
       年中枯れることなく植わっている、稲作に似た草)
       (桐紋で釘隠し ↑)

       (滋賀の舟職人さんの手作り↑)
       (海外の賓客が乗って池を巡ったこともあるらしい)

チケット

 建てられたのは平成6年みたいだからもう23年も!経つんだ。
菜かも外も立派です。
当時は年に数回しか使わないところに税金のかけ過ぎって
結構反対運動強かったですが、、。

 伝統の和芸をふんだんに使った、美術建築で 
使う頻度少ないのに維持費が大変そうに感じるが
長~~い目で見れば 廃れそうな伝統技もあるし、(和舟とか、、)
いい建物ですね。
見られて よかったです。

菜園栽培も野草採りも楽しい2017/05/22 10:46

 日曜、朝早く起きる!
とまではいかなかったけど、
 洗顔着替えを終え、うきうき、マイミニ菜園で
はつか大根、ほうれん草を抜き、そこに再び種を蒔いた。
家庭菜園


 洗って土をぬぐい、よっしゃ~~
ジュースを作るぞっ!! )^o^(
はつか大根

ほうれん草


 採りたてはほんとにびっくりするほど柔らかで 甘い。
って、、、、完熟キウイやリンゴ、人参も入れたんですけどね。(笑)
朝食

 動かさないと痛めた足がまだまだぎくしゃくするので
暑いけどちょこっとウオーキング。

 法然院
家庭菜園

墓地横の山道から
山道
大文字山方向、火床地、
「大」の字、右下までの往復。
                (送り火のとき↑この煉瓦の間に護摩木を)

 山の斜面のぼり階段近くにも、思いがけず、まだ、
なんと!「わらび」が
蕨
ちらほら残っていました。
 
 指先で摘まんでいただくとき、
とっても心が幸せになりました。
採ったワラビ


信貴山でお寺巡り2017/05/16 14:28

 信貴山は奈良県平群町にある標高 437メートルの山頂と
その裾野に広がる
山全体が毘沙門天さまの信仰の山。

http://www.shigisan.org/
信貴山観光協会


 むぅ~っとする日のウォークに軽めのお山歩きは気持ちいいです。
 ここは数年前は近くのハイキングコースを歩き通り過ぎたことはあるが
立ち寄ったのは今回が初めて。
広かったです。

 ちょっと離れている静寂を感じた奥ノ院。

奥ノ院入口

あやめ
        (静かなお寺にあやめが似合う)

        (汗かき毘沙門天さま)  
        (戦の先頭で大将を護った人?神?らしい)

       (奥ノ院の大寅)
       (寅の年・寅の日・寅の時刻に毘沙門天が
        この地に出現。お唱えしながら体に触れお力をお授かり
        ください と書いてあり 私も撫でさせていただきました)

 信貴山には12ほどもの寺が点在する。
 すごい!

 心願成就、一願成就、金運成就?の神さんいっぱいの寺々でした。

福寅
       (福寅さんの張子)(寅の干支のときに張り替えるらしい)

大地蔵
       (日本一大きい地蔵尊)
       (子供たちを護ってくれる地蔵さま)

千体地蔵
        (千体地蔵)

 よっこらへっこら上った山頂の空鉢堂(くうはつどう)の
白蛇は
一願成就の神様で
「みいさん」とよばれているらしい。

 信仰心に富んだ人たちが
下からお供えの水を運びながら
窓口でたくさん卵を買ってお供えしていて
私が通りかかった時には売り切れていました。

 みんな、願い事がいっぱいあるんだ、グッと頑張っているんだ。

ハルジオンとシジミチョウ
       (ハルジオンとシジミチョウ)


目には青葉 山ほととぎす,,2017/05/08 14:33

  「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」 は

江戸中期の俳人・山口素堂の作ですが

ほんとにそのとおり!!の

まぶしい新緑と花色のそばを

歩いてきました。

(比叡山ガーデンミュージアム前~~横川まで)

 歩くに気持ち華やぐ いい季節ですね。

八重桜
       (まだ八重桜が美しい、、)
蕾多いつつじ
       (蕾の多い山つつじが目にまぶしい)

すみれ
        (すみれもかわいい)

玉体杉
       (西塔から横川まで尾根づたいを通る峰道の中間にある
        りっぱな玉体杉の横でおにぎりと昨夜の残り肉を )^o^(  )

元三大師堂前
          (大師堂前)     
元三大師堂
            (元三大師堂)
 目的の一つは こちらでいただく
角大師のお札と根付だったのですが

え、え、えっ、、、
自分で選んだのに、、
     (心配な脳、、、、)((+_+))
間違えのストラップものでした。

 お札は安泰を祈り 魔除けも兼ね
玄関ガラスに貼りました。

角大師

比叡山に上がれました2017/05/01 14:31

  無理違う??言われたけど
修学院駅から音羽川沿いの道を東に。
比叡山をめざし、
比叡山
きらら坂登り口から進みました。

 もちろん、しっかりサポーターを付けてゆっくりです!!
山桜
           (山桜)


 ケーブル比叡乗り場近くのビュースポットで
おにぎりを頬張っていたら黒い雲と強い風。
やばいと思い、着替えし、
ケーブルで降りました。

 ケーブルは乗車時間たった九分!で 八瀬に到着。
は、速いわぁ。

 横川にもバスでお参りに行きたかったし
あわただしくて 残念。

 でも達成感は
 !(^^)! すっごく 大きい。


雨の止み間にうきうき桜ウォーク2017/04/10 11:29

 今年も見事なさくらサクラ桜~~

 どこを歩いてもちっさな木から大きな木まで

一本きりから数本まで寄り合って 見事に咲き誇っています。

雨にも負けず散ることなく 圧巻です。

 なので土曜日、昼前に上がった曇天を眺め

木津川・宇治川・桂川三川合流(淀川となる)沿いの

1.4キロ・240本の桜並木遊歩道まで 

歩いて行ってきました。

背割堤
       (↓道路向かい側のこの展望台からの↑写メです)
展望台
       (今年出来上がったばかりの展望台)

遊歩道



1.4キロ端っこまで歩き、
Uターンは下の道を歩きました。

一本一本が太いソメイヨシノの樹。

枝も太くビヨーンと伸びて立派です。

帰宅したら結構な雨の降り具合に、、。

今年の桜は雨との共存です。。。
       (高良神社前の桜。山の上はもう少し先ですが
       緑や山の木と合いますね。)

春を感じる2017/04/03 16:50

 大山崎界隈歩き その二(先週末に続いて、、)

 小倉神社→ 
登山口
天王山登山口→ 天王山→ 


宝積寺に下りる
宝積寺



       (メジロが ↑ 桜花の蜜を無邪気のすっていた)


 →JR大山崎駅近く、離宮八幡宮入口の枝垂れ桜は

 満開近くなっていた。
先週末は蕾。