再び南座へ・贅沢な観劇2018/11/19 11:21

 先日の夜の部に続き、
昼の部も観てきました。
久しぶりの南座開場で
ついつい奮発した。
一公演昼の部夜の部と鑑賞するのは初めてのこと。
よかったぁぁぁぁ~~~~(#^.^#)
 やっぱり歌舞伎鑑賞は着物で行きたいと
ハンガーに吊るしたままの着物にそでを通し
出向きました。(笑;;)

「連獅子」

獅子踊り。

親子の情と厳しさ、愛らしさが伝わり
見ごたえある連獅子でした。
途中、親獅子に怖気づいて
花道をものすごい速さで後ろ走りする
染五郎君もかっこよかった!
今は伸び盛りで
楽しくて仕方ないんと違うかな。
毛振り(獅子振り)の最後のほうの速さ、勢い、
幸四郎はさすが。
そめごろうくんは最後足が少しふらついていましたが
やり遂げました。

休憩時間に舞台写真を見に行き
これ↓買いました。
獅子振り


幸四郎の弁慶
       (夜の部・勧進帳の幸四郎弁慶)

「封印切(新町井筒屋の場)」

仁左衛門さんの忠兵衛役。
色っぽくいなせで
背中に哀愁があってそれでいて軽やかで
いいですね。
仁左衛門さんはいい。
でもこの深い哀愁。、
文楽人形浄瑠璃で観たい演目かな。。。


   (幸四郎色、紋の手ぬぐい、クッキー、とらや隈取り羊羹
     買いました)

南座吉例顔見世興行を観に2018/11/15 14:32

 久々の南座観劇!!

 新 染五郎君の口上も聞きたいから
口上


友だちと待ち合わせ、まずは夜の部へ。

 松本白鴎、松本幸四郎、市川染五郎の
襲名披露を楽しんできました。

久々に着物で


       (久々に着物を着つけて、、何となくシャンとした気分に)




       (天井近く↑デザインは変えてないらしい)
 歌舞伎が大好き!感が漂う
同じ空気の中で
直に役者魂!を感じられるのは
とってもとっても贅沢な 御馳走をいただいた気分でした。

 仁左衛門さんは相変わらず無理なく声がよく通り
口上で 新 幸四郎さんへの期待感、愛情が
観客の私たちに素直に伝わり
いつまでも花があって素敵な歌舞伎役者さん。

 勧進帳での幸四郎さんの弁慶!!

勧進帳

とってもいい感じに力が入っていて
意気込みを感じ
これからもっと素敵な役者さんになられるだろうな。。

 勧進帳で、後見の方が淡々と無表情で
でも きびきびとしたしぐさで
弁慶の数珠等の小物を渡したり受け取ったり
汗で崩れた?隈取り化粧を後ろでささっと直すしぐさが
激しい弁慶の動きと見栄きりを支え
素敵でした。

「團菊祭五月大歌舞伎」を観に2018/05/07 14:40

  GW、横浜のオマゴチャンの顔を見に行きがてら
「團菊祭五月大歌舞伎」を観に
歌舞伎座に足を運んできました。
富士山

歌舞伎座前




  昼の部 「雷神不動北山櫻」

 (鳴神上人、粂寺弾正、早雲王子、安倍清行、不動明王)
  この↑善悪いろんな一人五役の海老蔵が
なかなかの迫力、エンターテイメント性豊かで
ちょっと疲れた感の心配も感じつつ
いやぁ、
めっちゃめちゃ、
楽しかったです。(#^.^#)

       (二階部分に展示されお参りした 不動明王)

 文屋豊秀を演じた尾上松也が陰陽師の安倍清行を探しに行く場面で
舞台から客席通路に下り(観客へのサービス演出?)
捜し歩いたのですが
あのぉ~~ついつい
ほんと目の前で自分と目が合った!! 
とポオ~ッ~~! (#^.^#)
 己の年を完全に忘れ ほほを染め
恥ずかしくて下を向いちゃいました。

 彼はいっぱいいろんな芝居に出ています。
身体も大きいし男前やし華があるから
これからどんな歌舞伎役者になるか
とても楽しみです。

    (ちょっとオマゴチャンたちに買ったおみやげ)

坂東玉三郎初春特別舞踊公演観てきました2018/01/15 13:37

 大阪松竹座に
「坂東玉三郎初春特別舞踊公演」を
劇場内の大パネル

観に出かけてきました。

 最近は演出なども増えているようだし、
今年は「越路吹雪」さんの歌をコンサートでやるみたいだし、
まだ終活というには早いでしょうが
やっぱり観られるうち、わが身も動けるうちに行ってこようと
これまた、前夜オマゴチャンたちがお泊りに来て
バタバタしていたのですが
やっぱり拙い着付けで
着物お出かけしてきました。

 演目は
   ◆ お年賀口上  
   ◆ 元禄花見踊  
   ◆ 秋の色種  
   ◆ 鷺娘  
   ◆ 傾城

 上方公演なので
一緒に踊られた「中村壱太郎」ファンの観客も
多い雰囲気がありました。
 壱太郎さんが一人で踊られた「鷺娘」
着物の早変わりが素敵でした。
(いつもながら黒子さんのきびきびした立ち居振る舞いも好きです)
最後の方は壱太郎さんの胸元が
汗でグショグショ ぐっしょり、、、。
何となく玉三郎さんはこんなにぬれないんやろし、
この状態は見せたくないやろなと思った。

 「傾城」の玉三郎さんはほんとに隙がない
美しさでした。
花魁まで上り詰めるにはいろんなことが
その人生にあるのでしょうが
そんなことはみじんも感じさせない
凛とした美の極致が 頭髪から姿かたち、打掛、着物、足先まで
ため息でした。

今井
      (お昼ご飯は今井で一品付きのたぬきそばを、、)

法善寺横丁

水かけ不動
       (たくさんのお方が水をかけてお参りするから苔がもこもこ)

松竹座前にて

猿之助さんのワンピースを観に~2016/03/20 18:54

 澤瀉屋 スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」

 猿之助さんの新たな挑戦を観てきました。
大阪松竹座前
       (大阪松竹座前)

ワンピース・幕

 漫画のワンピースの話も知らないままの観劇となり、
不安も有りの中で、
でも期待感が勝ってって感じで
観ましたが
CGをふんだんに使った演出にも違和感なく、
楽しみました。

 改めて猿之助さんや猿翁さんの作るスーパー歌舞伎の
醍醐味を感じました。

 早変わりと宙乗りはやはり引き込まれる。

 私の隣の席の若いお嬢さん連れは
笑い、踊り、歌い、泣いての ノリノリで
うらやましい限りでした。 !(^^)!
ルフィー役の猿之助
          (パンフレットより)

 客席との一体感は今回猿之助さんの演出の
一つの狙いだったみたい。

 宙乗りで一階席、二階席、三階席とすべての席に
さりげなく嫌味なく目くばせする猿之助さん。
(オババの私でさえ、あっ、いま!、わ、私と
目が合ったかしら、、うるる、、)
( ^)o(^ ) ( ^)o(^ ) ( ^)o(^ )

 あと密かに 坂東巳之助さんの成長を応援しているのですが
いい味を出してきてはるのではないでしょうか。。。
(よくわかってないのに偉そうで恥ずかし、、、)(ー_ー)!!

 若い歌舞伎役者さんたちが伸び伸び舞台を動き回っているのも
いいなあと、、、。

 古典物のほうがやっぱり気持ちが入るかなって気もするけど
こういう試みも 楽しかった!!

 次は玉三郎さんを観に行きたいなぁ。。。

 歌舞伎、好きです!

竹本座跡地
      (松竹座すぐ近くのスターバックス横に 
       人形浄瑠璃・竹本座跡地がありました)


行ってきました。(^o^)鴈治郎襲名披露公演2015/02/17 14:02

 友だちがデパートのゴールド会員特典で
10名だけお得割引チケットに
当たったから
行こうと誘ってくれた
鴈治郎襲名披露「二月大歌舞伎」を観に行ってきました。

孫を預かる用事があってバタバタと出向いたので
松竹座前

コーディネートを決めていた着物は着て出られなかったけど
他の観客の方々の着物を眺め、やっぱりいいな~
こんな日の着物姿。


演目 ◎ 「曽根崎心中」
      (実父・藤十郎のお初を相手に徳兵衛を演じる鴈治郎が
     可愛く感じそれでいて力強く面白かった。
     藤十郎のお初の所作はいいわぁ、素敵)
    ◎ 「連獅子」
      (鴈治郎が今度は長男の中村壱太郎と親子連獅子を
       舞いました。白と赤の親子手獅子の踊りから能装束の
       親子獅子になり勇壮な狂い舞がすごーーく力強く
       20代の壱太郎が可憐な力強さでした)
    ◎「義経千本桜」
      (市川猿之助宙乗り狐六法)
        (川連法眼館の場 何といっても猿之助のキツネの動き
     表情が細やかで綺麗でコケティッシュで切なくて代わり身もすごくて
     やっぱり猿之助芸は素敵です)
 きゃぁぁぁぁ~
ほんと三つの演目ともそれぞれの違いを
楽しめ、三倍得した感じで最高に楽しかったです。
 今回、歌舞伎義太夫もしみじみすっごく心に響き
上方芸最高~~~!!
水かけ不動さん
        (待ち合わせ時間前に急ぎ立ち寄った水かけお不動さん)

吉例顔見世を観に南座へ2014/12/16 13:50

 今年もウキウキ(*^_^*)行ってきました。
南座招き
               (南座 まねき書き前)(客席いっぱいでした)
 お友達のSさんが「是非誘って~」と声かけをくれ
ご一緒して楽しく観劇しました。
=====================================
   新檜舞台開き 東西合同大歌舞伎
平成26年11月30日(日)~12月26日(金)
昼の部
一、玩辞楼十二曲の内 藤十郎の恋(とうじゅうろうのこい)  
坂田藤十郎   扇 雀
座元若太夫   亀 蔵
宗清女房お梶  孝太郎

二、新口村(にのくちむら)
   
亀屋忠兵衛  梅 玉
傾城梅川   秀太郎
忠三女房おしげ  歌女之丞

三、魚屋宗五郎(さかなやそうごろう) 
魚屋宗五郎    幸四郎
磯部主計之助   橋之助
宗五郎女房おはま  魁 春

◎ 十八世中村勘三郎を偲んで
四、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)

七段目 祗園一力茶屋の場   
大星由良之助  仁左衛門
遊女お軽     七之助
寺岡平右衛門  勘九郎

==================================
 いつもため息が出るけど
女形の優雅さ、色っぽさ、切なさ、、、、
どんな年代の役者さんがやってもどんな体形でも
みごとで素敵です。

 中村勘三郎を偲んでの仮名手本忠臣蔵。
勘九郎 さんがどんどんお父様の芸に近づいているようで
胸キュンキュン。
 努力されているんやろね、、、、。
余裕が出るところまでは大変でしょうが、観る者は楽しみ!
七之助さんもどんどん綺麗になり、玉三郎さんに近づいている感じです。
 ほんとは、夜の部の仁左衛門 さんの踊りも観、みたい!!けど、、、。

 今年も楽しみにしていた
来年度の歌舞伎絵暦を
歌舞伎歌暦
買いました。
過ぎた分の暦で
頂き物の菓子箱が
こんなに素敵になりました。
 さて、何の入れ物に変身しようか、大掃除をしながらの思案も
楽しみです。
              (いつものお気に入りの羽織)
              (美容室に行けてないから髪がボサボサ、、)

いざ、南座へ2014/03/09 15:13

 一週間前、瓜生山(300m)まで歩こうと
一乗寺で下車したホームに貼られていた
南座での「三月花形歌舞伎」のパンフレット。
あ~東京、楽しかったな~、菊ちゃん綺麗やったなと
見ていたら、
三月花形歌舞伎

ん?ん?

4時からの夜の部。
 ◎御摂勧進帳 (ごひいきかんじんちょう)の
一幕目 山城国石清水八幡宮の場。

 あらあら、私のお庭が舞台じゃん。
主役は尾上松緑やん!

 おおっ! 尾上菊之助は
 ◎京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)やん!
み、み、観たい~~~。

 あ~これ、やっぱり、「無理してでも観においで~」
言われてるよね。  

 二日ほど逡巡したけど

土曜日の空席状況を見たら

おっ!夜の部、いいとこ空いてるやん。

 で、行ってきました。
南座入口


続けて観ると役者への欲が出る。期待が出る。

二人ともほんと!素敵!でしたが、
やっぱり、うっとりとろけちゃうには
あと少し 深みというか、厚みがほしくなっちゃう。

生意気言うと あと五年かな、、、、。

でもでも 楽しかった!!
松緑スイーツ
      (幕間に食べた、↑松緑クッキーの乗ったスイーツ)

 舞台上で後ろ向きで 衣装や道具を素早く綺麗にさりげなく
美しく替える「後見=こうけん」という人の
所作がすごく素敵なことに 今回初めて気がついた。
菊之助の衣装早変わり、
後見がいるから観客が驚くすばやさ。
すごいことなんですね。
帯