お茶とお菓子付きの拝観2019/07/18 14:42

 一月半ほど前
予約をさせていただいた
泰勝寺さんへ拝観と御朱印を戴きに
行ってきました。


 松花堂昭乗(書画、茶人、作庭人)の菩提寺です。
予約制で人数制限を設けているので
とても静かに心落ち着くひと時でした。

 松花堂昭乗は江戸時代初期の僧侶で文化人。
 石清水八幡宮境内にあった書院
(明治新政府の神仏分離令で取り壊された)
近くで雨ざらしになっていた墓石が
忍びないと
松花堂保存会の方々の尽力で
大正9年建立されたお寺らしい。
 書もですが、
何より「精進料理」がお得意の住職さんは
近鉄百貨店で精進料理の講師をしていたこともあるらしいです。
副住職の息子さん共々ご家族で丁寧にお寺を護られている様が
とても素敵でした。
       (長い石は舟を表すらしい)
        (舟で三途の川を西の浄土にわたるらしい)

        (4つのご朱印。
        つきを呼び厄をよけ難を転じ福を招くながれを
        あらわしているそうです)

 毎年、昭乗忌が11月11日11時から行われるらしく
お茶事と松花堂箱で精進料理もふるまわれるとか、、、。
30人ほどで行なわれるらしい。
(今年は100年忌らしい、、)
 ご住職さんに
来年春頃参加したい旨一度連絡をいただければ、、、
とおっしゃってもらえたので
来年申し込めて、
昭乗さんを忍びつつ体験させてもらえたら嬉しいと思っています。

初夏の新緑2019/06/26 11:19

  大原の 古知谷 阿弥陀寺に
今年初めて行ってきました。
阿弥陀寺受付
                 (本堂入口)
       (参道には幾つもの墓石が、、修行された方々でしょうか)

 昨年9月の台風の爪痕はまだまだ残り
倒れたままの木々も見えましたが、
なだらかに上がっていく参道600mが深い静けさで
気持ちいいです。

カエデ

            (樹齢800年のカエデ)



       (ケマンソウに似てるけど葉っぱが違うみたい)
 自分が若いと思っている頃の新緑は
美しく輝かしく嬉しく感じたが
自分の終い方を考えなきゃいけない齢になると
ちょっと違って感じる。
 有り難いなぁ~見せてくれてありがとう。


寂光院
          (寂光院もよらせてもらった)

モリアオガエルのたまご
       (池の横、サツキにたまご)
       (モミジの葉っぱにもたまごが、、)
       (木に上って枝先にたまごを産むらしい)

紅葉を先取りし高揚感2018/11/05 10:26

 少し紅葉が始まっているかなと
京北にある 「常照皇寺」 まで出向いてきました。

 途中の高尾近辺の紅葉も色づき始めていましたが
台風21号の爪痕、倒木もたくさん目につきました。

 常照皇寺もまだ紅葉には早く、
観光客は 少なかったです。

常照皇寺前池

常照皇時

沢蟹
       (庭をこんな沢蟹さんがゆったり散歩していました)

ハイカットスニーカー
      (倒木等で荒れているから
       裏山の自然散策路は歩かないでくださいと
      張り紙がしてあったので 入口近くの木製階段状の部分だけ
      上がってきました)
      (足先まであるチャックが気に入って購入した
       ハイカットスニーカー )
      (ちょっと見せたくてUP!) (#^.^#)

自然散策路からの眺め
          (階段途中からの眺めが綺麗でした)

杉の木
       (前庭の杉の木。抱きついてきました)

「平安神宮 時代祭」 行列を観てきました2018/10/23 10:28

 昨日の月曜に行われた
秋晴れの下での時代祭。

 行列を京都御所、出発地点に近い
砂利道の端に絨毯が敷かれた見やすい席で
  (平安講社第○○社○○学区の関係者から
   観覧席一人分を いただきました) (嬉し)!(^^)!
砂利の感触でお尻や足は痛くなったけど
すっごく楽しく、照りつける暑さも忘れ、
明治維新から 平安(吉野)時代まで
順に鑑賞してきました。

維新行列




        (写真の時代はすこそごちゃごちゃです、、)

 衣装装束や持ち物は時代を丁寧に追い
糸から職人がその時代の材料から再現、
作られているのだそうです。
その代金も億単位。二けたかかるのだとか、、、。
(毎年直したり作ったりするわけではないかもしれませんが、、)

 元はお公家さんの子孫かと思われるお爺さんも
参加されていたし、三代で参加されている人も
何組かあったし、
都が東京へ移った後から
京都の繁栄を願ってずっ------と続いてきた
代々の京都人の心意気と誇りを垣間見た気がしました。

  (またどこかで装束の展示なんかもされるのでしょうか、、)
 なんか、冥途の土産になった気がしました。

蒜山高原と湯原温泉へ一泊二日の強行軍2018/07/24 16:29

 5月に宿泊予約を取っていた一泊予定で
夏休みに入ってすぐのオマゴチャンたちと
早朝よりお出かけしてきた。

  犬挟峠Pで着替えし、午前11時前出発。 
「犬挟峠 ~ 下蒜山 1100.4m」 往復。
 (犬挟峠で標高500mを超えています)

案内図

上がりはじめは
虫が舞いいきなり蛇に出会い蒸し暑く、
「もう止めて
蒜山高原にしようよ」

ブツブツ言ってた子も
風が流れ 熊笹がそよそよ揺れ
くっきり下蒜山が見えるとこまで来たとたん、
「わっ、いいとこ~綺麗~ヤッホ~」

ゲンキンデス。  笑笑
すごく足取り軽くなり
雲居平
          (雲居平から下蒜山を見上げる)

汗ボトボトで彼らにはとてもついて行けない。

 何枚か花に出会うと写真も撮り
ナデシコたち
やっと山頂。

 下り、半ばも差し掛からないうちにズルッ、ギクッと
前に骨折した左足首を捻ってしまい、イタタタ、、、。
皆が心配するくらい時間をかけ トレッキングポール1本に
両手でしがみついて何とか下りることができ、ホットシタ。。。
蒜山高原のひまわり
       (蒜山高原。みんなが乳搾りしてる時ヒマワリ畑を見る)

 温泉旅館(ホテル)は
野菜が美味しいのが売りとなっていた老舗を
選んたのですが
ほんとに素材の味を生かした薄味で
見た目もオシャレで繊細で 
炊き合わせなど 頭が下がる味でした。
温泉も幸せやし
もう一日泊まりたかった!!

 帰宅後整形で数枚レントゲンを撮り 診てもらったが
骨は大丈夫でした。(#^.^;;) 

胸に染む新緑2018/04/24 11:27

 日曜、久しぶりに
洛北大原にある阿弥陀寺に行ってきました。
心広がりつつも心正す感につつまれる
好きな場所です。

阿弥陀寺山道前
          参道に入る入口 「弾誓佛一流本山」

             楓の老木
イカリ草
             イカリソウ
オオバナエイレンソウ
             オオバナエイレンソウ
阿弥陀寺
             (石廟に弾誓上人が石がんに生きながら入られ 
        「ミイラ佛」となられ安置されている厳窟があります。
       何度訪れても全身がキュンとする、、、。)
       
山者苦楽の蕾
        石の上に山シャクヤクの綺麗な蕾がみえました、、。

興福寺の阿修羅像を観てきました2018/03/12 14:38

 耐震工事が終わり
国宝殿が拝観できるようになっているらしい
奈良の興福寺に
阿修羅像を見に行ってきました。

  丹波橋駅から近鉄線急行で奈良まで行くつもりだったのですが
新しい近鉄特急が先に来、
急行にはしばらく時間待ちなので
ついこっちに乗りたくなり乗車。
 特急券を車内で510円で買い、
とても綺麗なガラガラ列車は
なかなか気分よく
28分間の小旅行気分を
しっかり味わえました。
(桜が咲いたら絶対無理だからいい谷間日でした)(#^.^#)
 サンダーバードに乗って金沢に行きたい
とずっと思っていて
まだ行けてないのですが
もうこんな極小旅でいいらしい自分に気づき、笑える。

 興福寺。
東金堂と五重塔
            (東金堂と五重塔)
 国宝殿はとても明るくなっていた。
長く訪れていないけど
以前は部屋が薄暗く、黒っぽかった阿修羅像も
恥ずかしいくらいの明るさのなかで
眉に力の入った鬼神でもあり
美少年のようなお顔の美しさはかわらず、
見飽きない表情。
すごいです。

 今回、装束の模様の緻密さ斬新さに
初めて気づきました。
おへそにも初めて気づいた。(笑;;)
ポストカードより
               (ポストカードより)
 奈良は同じ観光地の近く同士でも
京都と漂う空気感がすごく違う感じ。
なんでやろう。。。
奈良公園
             (奈良公園)
梅
          (梅がしっかり咲いてきた)

晩秋直前の大山崎山荘紅葉2017/11/27 14:19

 土曜日。
今年最後の紅葉散策へ。

 小倉神社~天王山頂~宝積寺~大山崎山荘を
歩いてきました。 

 適度に負荷もある満足感を得、
今年は何でこんなに紅葉に心潤むんだろ??思ったら、
あ~~~~~去年は
足首骨折で それどころじゃなかったかな。

 改めて歩ける幸せを感じました。

大山崎山荘







       (これ、宝積寺奥の すごく大きい銀杏の木)
       (銀杏の葉の輝きってどれも好きです)