お茶とお菓子付きの拝観2019/07/18 14:42

 一月半ほど前
予約をさせていただいた
泰勝寺さんへ拝観と御朱印を戴きに
行ってきました。


 松花堂昭乗(書画、茶人、作庭人)の菩提寺です。
予約制で人数制限を設けているので
とても静かに心落ち着くひと時でした。

 松花堂昭乗は江戸時代初期の僧侶で文化人。
 石清水八幡宮境内にあった書院
(明治新政府の神仏分離令で取り壊された)
近くで雨ざらしになっていた墓石が
忍びないと
松花堂保存会の方々の尽力で
大正9年建立されたお寺らしい。
 書もですが、
何より「精進料理」がお得意の住職さんは
近鉄百貨店で精進料理の講師をしていたこともあるらしいです。
副住職の息子さん共々ご家族で丁寧にお寺を護られている様が
とても素敵でした。
       (長い石は舟を表すらしい)
        (舟で三途の川を西の浄土にわたるらしい)

        (4つのご朱印。
        つきを呼び厄をよけ難を転じ福を招くながれを
        あらわしているそうです)

 毎年、昭乗忌が11月11日11時から行われるらしく
お茶事と松花堂箱で精進料理もふるまわれるとか、、、。
30人ほどで行なわれるらしい。
(今年は100年忌らしい、、)
 ご住職さんに
来年春頃参加したい旨一度連絡をいただければ、、、
とおっしゃってもらえたので
来年申し込めて、
昭乗さんを忍びつつ体験させてもらえたら嬉しいと思っています。

素敵な人たち、素敵な工芸品2019/05/20 13:49

 ともだちに「楽しいよ~」と声をかけてもらい、
「ヘムスロイドの杜まつり」に出向いてきました。
 JRに40分以上乗り、バスに乗り継ぎ、
「みずかがみ」の稲の植わった広めの田んぼの間の道を
「濁水は入れません」と田の端に書かれた文字を読みながら、
なるほどぉ~と思いながら突っ切って進み、
のどかな風を受けてきました。

 ヘムスロイドとはスウェーデン語で「手工芸」って意味だそうです。

 ガラス、陶芸、木工、金属などの工房があり
杜祭りの2日間はいろんなところの作家さんも参加。
販売があります。
 欲しいと思うものは沢山あったけど
予算オーバーになるぅぅぅぅ。。。
 とりあえず、今、しつこく使っていた
大きめのどんぶり鉢にひびが入ったこともあり、
陶芸を中心に見て回った。
鮮やかに色づけされたもの、形にこだわっている感じのもの、
などなど、、。
 重すぎず小さすぎない!
値が高すぎないくらいで迷った末
こちらを
器
買い求めました。
 宇治の炭山工芸村の「魚雲窯」さんの作品です。

 気に入りました。
 落とさないよう大事に毎日使いたいと思う。

 友だちがいたコカリナ工房のブースにも
立ち寄らせてもらい、小麦粉を使わないお好み焼きと
ビールをごちそうになりました。

 音楽療法の仕事をしている姉へのみやげに
バリトンコカリナを一つ
コカリナ
購入しました。
姉に送る前にちょっと私もいっぱい吹いて癒されてみようかな。
 ここのブースはどこよりも
賑やかで楽しげな空気が漂っていました。

 芸術で食べていくのは大変なことですが
 何かを作る!
 作った何かで 奏でる!って いいですね。

五人姉妹会2018/05/28 15:13

 一年に一回から
数か月に一回とペースを上げている姉妹会。
今回は久しぶりに実家で!!
ということになり、
上二人の姉たちを実家に残し、
下三人お婆で
裏山登山をしてきました。

 二番目の姉は
山は怖い!
あんたたちが遭難するのではと心配で
昨夜は寝られなかったと云い
何かあったらこれを食べなさい
とクリームブランという小さな菓子を
一袋ずつ持たせてくれた。(苦笑;;)

 それでも三オババは
正直、とても楽しかった!!

登山口


 姉たちの足に併せていると負荷がかからな過ぎなので
時々先に進んで待ったけど
それでも すっごく 気持ちいい。



 やっぱり育った場所の空気は 馴染むんかな。

     (空気が澄んでいれば三河湾が見えるはずだけど微妙、、)

 お義兄さんが付き添ってきているから
お山登り決めちゃったけど
思いのほか時間かかり、
おにぎり頬張りタイム入れ、往復3時間。
待っている病気の長姉にすごく申し訳なかった。
次回は絶対100%!
長姉のご機嫌に併せよう、
反省反省。猛反省。
お義兄さんにもごめんなさい。
ユキノシタ
     (庭にも石垣にも ユキノシタの花がいっぱい)
 実家を後にしたのは夕方になってしまった。

春の風をかみしめて2018/03/26 16:15

 今日の小学校校庭の桜。

 水路沿いにここまで咲いてきました。

 グラジオラスの球根と
マリーゴールドの種を蒔きました。


 昨日は名古屋へ。
姉の 「日本のうたを歌う」 コンサートへ。

♪「霧と話した」 ♪「落葉松」 は

声量、声の伸びやかさ、思いがあふれて
すっごく良かったです。

 小さい時から歌が好きで
ずっとそれなりに研鑽し、
レッスンも続け
年を重ね
趣味の域を超えつつ?人の心に響くものを
つかんでいる気がします。
わが姉ながら あっぱれやなっ。。

       (久しぶりに叔母=亡母の妹にも会い
       だんだん母に似てきて心が熱くなりました)

これぞ 暁斎! の絵を観てきました2017/07/11 11:19

 週末暑さに負け、

 夏着物の箪笥に手をかけただけで、
無理無理~~とスカートで、
JR京都伊勢丹7階の美術館へ。

 「これぞ 暁斎!」 (ゴールドマン コレクション所蔵品)展を
観にいってきました。

 河鍋暁斎(1831-1889)は、
時代が大きく揺れ動いた幕末から明治を生きた絵師で
様々な画法を習得した
周りから「画鬼」と言われるほど画業が好きだった人らしい。
頼まれたらそれを さささっと描くこともできたらしい。

 絵に詳しくない私でも
ん~~~、すごく よかったです!!!

 細やかな線と動きの軽やかさ、
動なのに心にストンと落ちる静があって
とっても楽しめました。

 蛙の学校、蛙の出陣、鯰の舟に乗る猫とか、
枯れ木に鴉等々、、

 (実際描くことが好きで好きで蛙なんか三歳くらいから描いていて
七歳で浮世絵師の歌川国芳に入門し、浮世絵を学んだらしい)

 そんな中、死期が迫った奥様を描いた幽霊図も
リアルだけど何となく愛を感じ、私は好きでした。

 骸骨やお化けが踊ったり春画もあって
でも59歳で亡くなる晩年は仏への祈りの絵を
たくさん描かれたようです。
 いい人生だったんやろな~~~。

コモンマロウ
       (我が家のコモンマロウの花が咲いてきました)
       (摘んで乾燥させハーブティーにしたいです)
 


イベント 「タイがいっぱい」 へ2017/06/22 11:22

 タイに住んでいたときから
タイが大好きで 帰国後もタイの部族の女性の
自活手伝いをしてきた人のイベントを
遊びがてら見に行ってきました。

タイグッズ
       (購入してきたグッズやスープ・タイカレーの素)
 前の晩から作り始めたという タイカレーも
タイカレー

さっぱり辛味で 美味しかったです。
華工房の
オーナーさんの入れてくれたお茶いろいろ、
菓子も信楽焼きの容器も素敵!!
 友だちの彼女たちが
長く奏でているよし笛の音色も
優しく、透明感があり、
何より、幾つになっても一生懸命な
姿に 感じ入りました。

(先生について、もっと上達を目指すそうです)
よし笛ミニコンサート

 滋賀の人たちは琵琶湖という水瓶を護る
信念もあるからか、すごく足が地についていて
とっても魅力的です。
うらやましいです。

くらしのなかの藍染展へ2016/11/07 15:51

 三日の日。
 ひっさしぶりに会う友達と連れ立って
毎年出向いている今出川浄福寺下がったところ、
町屋風情の情緒あふれる場所での藍染展を
見に行ってきました。
 烏丸通から路地をくねくねしながら歩いたので
辧財天女の小さいけれど豪華に祭られた祠を拝ませてもらったり
白壁の素敵な帯屋さんらしき建物を観たりして歩きながら着きました。
 まだ準備中くらいの会場ちょうどの時間で一番手に近かったので
家主さんに建物の中(二階も)を見せてもらいました。
何度か訪れているのですがゆっくり見させてもらうのは初めてです。

 元は織屋さん。
京都市の景観重要建造物の指定を受けているので
外側は何割か京都市が支援してくれるらしいのですが
中はすべて持ち主さん負担なので
今後、次代が受け継いでいくのは難しいかも、、とおっしゃっていました。


(↑レトロで「素敵な電気の傘の斜め上に尖った鉄の部品は下の写真に
見える竹の竿を掛けて糸を干したものだそうです)←
↑あやふや聞きですが、、)


(今のご主人は家業を継がずサラリーマンになられたのでもう廃業して
だいぶ経つみたいです)
   (小さい赤い数字で13~23まで書いてあります)
       (↑友だちの  回  という作品)
       (説明してもらったのだけど、、、
        スンマセン、ちゃんとわかってなくて
        左右対称に見えるが
        布の折り方でちょっと違う。回っているイメージです。
        右回転)
       (友だちの作品で絹のストール)
       (一目惚れ、七千円で買ってきました。
        大事に使わせてもらいます)

嬉しい手紙2016/10/25 15:37

 最近手紙を書いてないしもらっていない私。

 夏にお泊りしたホテルの支配人から
こんな達筆の
お知らせとお誘いを兼ねた
お手紙と栞をもらい
うるっときちゃいました。(#^.^#)

 お仕事柄といえども
達筆っていいな~~手書きっていいな~~



日曜、秋を感じながら
溝蕎麦
       (田んぼのあぜ道のミゾソバ ↑)
竜王の鏡山コースを
歩いてきました。
384.8mの低山でも山頂は
ひんやり空気。
汗が冷え ぞくぞくするから 人目を気にしつつ着替えました。

 山頂近くの「竜王社」
山の神のオーラを感じる社です。
 しっかり手を合わせました。