くらしのなかの藍染展へ2016/11/07 15:51

 三日の日。
 ひっさしぶりに会う友達と連れ立って
毎年出向いている今出川浄福寺下がったところ、
町屋風情の情緒あふれる場所での藍染展を
見に行ってきました。
 烏丸通から路地をくねくねしながら歩いたので
辧財天女の小さいけれど豪華に祭られた祠を拝ませてもらったり
白壁の素敵な帯屋さんらしき建物を観たりして歩きながら着きました。
 まだ準備中くらいの会場ちょうどの時間で一番手に近かったので
家主さんに建物の中(二階も)を見せてもらいました。
何度か訪れているのですがゆっくり見させてもらうのは初めてです。

 元は織屋さん。
京都市の景観重要建造物の指定を受けているので
外側は何割か京都市が支援してくれるらしいのですが
中はすべて持ち主さん負担なので
今後、次代が受け継いでいくのは難しいかも、、とおっしゃっていました。


(↑レトロで「素敵な電気の傘の斜め上に尖った鉄の部品は下の写真に
見える竹の竿を掛けて糸を干したものだそうです)←
↑あやふや聞きですが、、)


(今のご主人は家業を継がずサラリーマンになられたのでもう廃業して
だいぶ経つみたいです)
   (小さい赤い数字で13~23まで書いてあります)
       (↑友だちの  回  という作品)
       (説明してもらったのだけど、、、
        スンマセン、ちゃんとわかってなくて
        左右対称に見えるが
        布の折り方でちょっと違う。回っているイメージです。
        右回転)
       (友だちの作品で絹のストール)
       (一目惚れ、七千円で買ってきました。
        大事に使わせてもらいます)

嬉しい手紙2016/10/25 15:37

 最近手紙を書いてないしもらっていない私。

 夏にお泊りしたホテルの支配人から
こんな達筆の
お知らせとお誘いを兼ねた
お手紙と栞をもらい
うるっときちゃいました。(#^.^#)

 お仕事柄といえども
達筆っていいな~~手書きっていいな~~



日曜、秋を感じながら
溝蕎麦
       (田んぼのあぜ道のミゾソバ ↑)
竜王の鏡山コースを
歩いてきました。
384.8mの低山でも山頂は
ひんやり空気。
汗が冷え ぞくぞくするから 人目を気にしつつ着替えました。

 山頂近くの「竜王社」
山の神のオーラを感じる社です。
 しっかり手を合わせました。


素敵な屋上ボランティアガーデン2016/04/18 10:53

 このたびの地震で大きな被害を受けた
たくさんの被災者の皆様と亡くなられた方々の
お見舞いとご冥福を心からお祈りいたします。
 私たちには義援金を送るくらいしかできないかもですが 
心は寄り添っていたいと思います。

 ところで先日。
友達が長年続けている リハビリ病院の
屋上ボランティア庭園=マザーグース へ。

 「春の花が咲いてきれいだから、見に来ない?」

 屋上の緑化に興味もあり、大事なことと思っていたから
喜んで出かけてきました。
ボランティアガーデン

チューリップ


 
 緑と花色が相まってほっこりします。
 理学療法士の人とご老人が
花を見ながら歩くリハビリをしていました。
 案内してくれた彼女曰く
やっぱり鮮やかな色がないと綺麗と言ってもらえない、、、と。
 そやなぁ、、。眼も見にくくなってくるからね、、。。


      (↑これ、原種?のチューリップで毎年放っておいても
        咲いてくれるらしい)
 寒風もあたり日当たりも微妙な面もあり、屋上のそんなに厚くない
土の上で立派に咲く花と緑樹に、そして何よりほぼ一人で
庭園造りに楽しみながら奔走している彼女を
心から尊敬します。

 彼女の自宅庭も寄せてもらい、丈夫でしかも増え、
誰でも育てられるという綺麗な花も咲く「アカンサスモリス」と
レモングラスの苗とピンク紫蘭をいただいちゃいました。
  (↑後日UPしたいと思う、、)

 あ、あ、ありがとうございます!!! !(^^)!



にがおえイベントを見に行ってきました2016/04/07 16:07

 一昨日、
久しく!!会っていない(5~6年は、、、)('_')
愛媛の友達が
「桜満開の京都へ二日間、にがおえを描きに行くよ~~」
連絡をくれたので

銀閣寺近くで借りたらしいレンタルスペースまで
出かけてきました。

 少なかったらさくらになって座ってねっていわれたが、
なんのそのその(#^.^#)、、、。

興味津々の人でいっぱいでした。
にがおえ会場


 昨今の観光客の国際化で
7割以上の方が
アジア系を中心の海外の方々っぽかったです。



なんといっても!

二分で仕上げ、一人100円!!

ペアで150円!!

安い!!

速い!!

 海外の人には特に珍しくて 貴重な体験のようです。

 定年退職をされる前から休日等イベント会場を回ったりで
趣味と人柄で続けてこられた仲良し夫婦!!

 一度京都でやってみたい!!という
ご主人の希望で桜見物がてら来たそうです。

 レンタルスペースは二日で2万円。
     (田舎より安いのよ~と。)
展示会場
      (有名人のにがおえが沢山と一言言葉と絵の色紙が
       展示されていました)

 描く色紙は 地元業者の方から安く仕入れるので
何とかこの値段で描けるらしい。
赤字だけど楽しみだから、、、、と。

 あったかい二人に 頭が下がります。

 初日、130人は描いたかなと言ってたし
来年も来られるでしょうか、、、。

私もちょっと人波の途絶えたすきに
スマホ画面で無理やりお孫ちゃんを描いてもらいました。




イーハトーブの魔法の詩・DVD2015/07/15 13:34

 私が心から尊敬する
芝居小屋(劇場)オーナーのAさん。

 若い劇団員たちを育む一翼を担っている彼女ですが、
そのブローダーハウス  http://broaderhouse.info/  が
出来て今年で10年目。

 ここまで続けるのは大変なことも多々あったでしょう。

 先だって10周年記念公演 
第一弾として
「イーハトーブの魔法の詩」が
         原作 宮澤賢治
   脚色・構成・演出 高橋清志
            (Ks Company  http://kscompany2001.jimdo.com/ )
公演されました。

 10周年、お祝いもしたかったし行きたかった。
行きたくてたまらなかったけど行けなかった。
 
 そしたら何と!Aさんから、
「防犯を兼ね、毎公演をDVDに撮っているから
暗くて臨場感は薄いかもですが雰囲気だけでも味わって」
と 
送ってもらったDVD
DVDを送っていただきました。

 感激です!!!!!

 宮澤賢治の童話作品の中から三つ。

 最初は 
「どんぐりと山ねこ」

 これは賢治も好きな幻燈フィルム調で
朗読と写実自然風景と一郎や山ねこのイラスト画と音楽が
上手く融合し
このゆったりめ時間のj流れ、構成方法。
私的には一番好きかも知れない。

 大谷バレエスタジオの生徒さん(松本真奈美さん)が
友情出演され、
バレエで童話のお話の世界を踊ってくれたのが
すごく新鮮で魅力的でした。

 二番目は
「セロ弾きのゴーシュ」

 やっぱりこの作品は音楽がいいです。
舞台の使い方も面白い。
ネズミの親子もかわいらしく演じて楽しかった。
タイツ姿でひざを抱える場面から踊ってくれたバレエにも
すっごく引き付けられた。

 三番目は
「注文の多い料理店」

 入口のドアを回しまた回しで場面転換が
舞台上でリアルに表され
とても面白かった。

 小さな舞台を最大限に表現できるってことに
とても驚きを感じます。

 朗読と芝居、音楽。そしてバレエダンス、、、、。
三作品ともこれらをミックスしつつ
表現方法がそれぞれ違い、
どれも楽しめ、
すーーーっとイーハトーブの魔法の世界に
入って行ける感じがした。

 「Ks Company」の舞台、生で一度観てみたい。

 まだまだ全然わかったと言えない賢治ワールドですが
時々ほんま、文字に頬ずりしたくなる。

 私が持っている絵本の絵はすべて「小林敏也」さん。
画風も好きですが青(藍)い色が好き。
本(賢治 宇宙)

賢治の絵本

猫の事務所
         (大好き!)
好きな場面の絵
       (獅子が窓から覗いている絵が好き)

読書(今年の目標)2015/02/09 10:57

 「ミラノ霧の風景」をふと手にして読んだ20年近く前から
須賀敦子さんのエッセイが好きなのですが、
時々誰かに薦めたくなったり
貸したまま本が散逸してしてしまったので
文庫全集(全8刊)を買い、順々に今年中に読んで
憧れの須賀さんの内面に近づいてみたいというのが
今年の読書の希望です。
須賀敦子本


 今まで漠然と読んでいて、
自分の中で凄い!って思う一番は須賀さんの孤高な人間性。
 美人で育ちも良く努力家で人付き合いもよく、
それでいていつも、
ご自分の良質な孤独を中に住まわせていた人って感じなのですが、
今年じっくり(←あんまり自信はないのですが、、、)
読むことで、カトリック教徒としての
須賀さんをも感じることで、
須賀敦子
        (↑このDVDの風景も素敵で時々ポーッと眺めてる)
もう私自身、
ただ単に死までの時間をボーーーーッと消化するだけでなく
終章を意識してみたいのです。

 あまり重く考えなくて
サラッと飄々と考えられたら嬉しいのですが、、。
エッセイで心の琴線に触れたことも
またおいおい少し書けたらなあって思います。

「SIMON DOLL」展へ2014/10/27 14:59

 日曜日、西宮の大谷記念美術館で
大谷記念美術館
開催中の
「SIMON DOLL」を観てきました。
横浜に住む娘が大好きな
関節を球体で動かせる人形作家・四谷シモンさんの
シモンごあいさつから
    (この自画像人形に シモンさんがよく顕れていると思う)
人形展です。
チケット
            (チケット)

一枚パンフレット
        (一枚物のパンフレット)
 最初、少女の球体人形5~6点(多分初期の作品)を観、
あまりの一点の曇りもない完璧な美しさに脚が一歩引いた。。。
顔も青ざめたかもしれない。
怖いと思った。

 一年に一作品しか作れない、どこまでも自分もピュアになって
魂を入れる人形を作る、、、、、見たいなことが書かれていたのが
心に止まった。
作成途中の展示
       (写真撮影が許されている展示コーナーより)
       (張子みたいな方法でつくっていくらしい、、、)

 たま~に、遠目に観させてもらうくらいが私にはいい。
内なる心で向き合うのはちょっとあまりにピュアで
しんどいかなと思いながら帰宅の途に、、。


藍染 群雲絞り体験2014/10/03 13:42

 友だちがやっている絞りコミュニティ作品展に
出向き、
念願だった絞り体験をしてきました。
素敵なネーミング、
素敵な日本語.・群雲=むらくも の通り
綺麗な雲が染め上げられました。

 二年ぶりに会えた別の友人共々
とても楽しかったです。

作業工程
 ① さらしを半分に折り、
アクリル筒の円周分の長さのところに線をひき、
その上を1センチくらいの針目で縫う。


 ② 筒にかぶせ両手でジャバラ状(山谷折り)に
細かく手繰り寄せ
全部縮める。
広がらないよう両端をゴムで止める。
それを水に軽く浸ける。


 ③ 水気を軽く切った②を藍釜
藍釜
に浸ける。
     (染色時間)←100数えるくらい揺すりながら
   布が釜から上がらないようにしながら浸ける。

 ④ 外のせんめんきに取り出し
空気に触れさせる。
      (酸化時間)2分位。 *発色を良くするため。
   ③と④の工程を7回繰り返す。

     ゴムを取り、縫った糸を切り
  アクリル筒から染上がったさらしを取り外す。

 ⑤ よく洗い絞り、手ぬぐい状の両端を少しだけ
    藍釜に揺らしながら浸け、ぼかし感を出し
    再度よく洗って出来上がり。

    工程時間、1時間45分くらい。

 藍染作家のみなさんがそれぞれ染め上げた
スカーフ状の絹の磨り硝子、
素敵に軽やかに
はためいていました。

来年、売出し予定だそうです。