暖かかった週末の秋色2019/11/18 11:02

 土曜は下賀茂神社界隈ウォークと食事。

下賀茂神社

 空も銀杏の黄色の色づきも、
数組の結婚式の列もいいものです。

 日曜はせっせと大掃除始め。

 穏やかな日和で 窓を開け放した掃除も
カーテン洗いもその補修も(笑;)
楽でした。

 そんな中、嬉しい届きもの。


 先週末、丸太町通りを歩いていて
目が留まった雑貨屋さんのウインドウディスプレイ。
 あ、デザイン色が素敵! と製作を頼んだ
フランスの古い家の壁柄 スマホケース。


 出来上がるのは月末頃とのことでしたが
一週間でポストに届きました。
 秋色です!! (#^.^#)

朝の綺麗な雲2019/11/07 10:15


 朝の8時15分頃の空。

 あーーー綺麗だなーーー!!


 信号待ちの間に新しくなった携帯カメラで

思わず、撮ってみました。

 胸がキュンってする間は まだ 心の力が残っているかな。

残っていてください!! (・o・)

歌舞伎・東海道四谷怪談を観てきました2019/09/17 16:20

 

南座
 
 謀反でお家取り潰しとなった家臣たちのその後。
下級武士(浪人)や下層民となり
落ちていく業と憎しみ、
ねたみや弱さの中、
どんどん登場する皆が欲の怖さというか
悪のスパイラルにはまっていくいくさまが
歌舞伎様式の中で描かれていました。

 民谷伊右衛門役の片岡愛之助が
歌舞伎で云う「色悪」の悪の華やぎ、非業さを
出していたように感じました。
その妻、お岩役の中村七之助も
産後の肥立ちが悪い体の弱さと父の敵討ちを忘れない精神の強さ、
伊右衛門への想いと自分を非業な仕打ちで裏切る伊右衛門への
揺れる両軸の気持ちをを
よく表して悲哀と凄味がありました。

      
 お岩の御霊が提灯抜けする仕掛けがドキッとしすごかった。
あと、お芝居の後半で、
仇討で伊右衛門を切る与茂七(中村七之助三役の一つ)と
小仏小平の妻、お花(中村壱太郎)
そして薬屋直助(市川中車)
殺された民谷伊右衛門(片岡愛之助)の四人が
舞台上でそろってストップモーションで
それぞれの見得を切るところが

         (歌舞伎美人より、画像印刷)
すごーーーーーくかっこよく素敵でした。
役者さんたちの表現力、みんな皆、凄い。

新作歌舞伎「NARUTO」観てきたよ~2019/06/10 10:52

 日曜観させてもらった新作歌舞伎「NARUTO」
とっても良かったです。
ナルト仲間たち

 大好きな坂東巳之助さんの うずまきナルト。
か、かっこ よかったわぁ。
そのきびきびした成長過程、軽やかな動きと表情。
いい席だったので
間近で うっとり~うっとり~
堪能してきました。

巳之助さんのナルト

 客席反応、一番人気かな??の隼人さん。
隼人さん

男前で素敵でした。↓
何度かせり上げせり下げで登場。
キリリとしてよかった。
ちょっと雰囲気が片岡愛之助にも似ていました。
笑三郎さん

 その他、市川猿弥さんの慈愛に満ちた表情。
市瀬秀和さんのクールな美。
嘉島典俊さんの眼以外は隠されていた眼力と
チームを柔らかく引っ張っていく力。
梅丸さんの愛あるサクラ役。
 もちろん、大大大好きな中村梅玉さん。
うちはマダラ役。
古典ものとは一味違っていたかな??声がとってもセクシーで
安定感、存在感が素敵。

たくさんの
わかりやすく直球で心に染む 言葉の数々、、、。

どんな時も自分を裏切らない。
自分との闘い、仲間を思う気持ち。
親を思う気持ち、、、。

 今回つくづく
小学生男子孫たちの その反応をみたかったな と思った。
感動を分かち合いたかった。
心を広げて欲しかった。
 チケットを取るとき行かない?面白いと思うよ
と聞いてみたのだが
ええ~?歌舞伎~??
春休みで行事がまだわからないとか
反応イマイチ。。
で、もったいないと止めちゃった。
ちょっと残念。

 ↓歌舞伎観劇手帳、
チケットを無造作にはさんだままグズグズ整理できてない
歌舞伎メモ手帳
  
  かなり古く固い帯。↓
  5年ほど前にリサイクルショップで購入。
  大分 焼けてます。
  ナルト観劇にはちょっと合う柄かも??と締めたが
  ちょっと固く締めつけ過ぎてしまった。
  やっぱり柔らかめの帯の方が楽です。

        ↓夏用の薄手の足袋。
夏足袋

素敵な人たち、素敵な工芸品2019/05/20 13:49

 ともだちに「楽しいよ~」と声をかけてもらい、
「ヘムスロイドの杜まつり」に出向いてきました。
 JRに40分以上乗り、バスに乗り継ぎ、
「みずかがみ」の稲の植わった広めの田んぼの間の道を
「濁水は入れません」と田の端に書かれた文字を読みながら、
なるほどぉ~と思いながら突っ切って進み、
のどかな風を受けてきました。

 ヘムスロイドとはスウェーデン語で「手工芸」って意味だそうです。

 ガラス、陶芸、木工、金属などの工房があり
杜祭りの2日間はいろんなところの作家さんも参加。
販売があります。
 欲しいと思うものは沢山あったけど
予算オーバーになるぅぅぅぅ。。。
 とりあえず、今、しつこく使っていた
大きめのどんぶり鉢にひびが入ったこともあり、
陶芸を中心に見て回った。
鮮やかに色づけされたもの、形にこだわっている感じのもの、
などなど、、。
 重すぎず小さすぎない!
値が高すぎないくらいで迷った末
こちらを
器
買い求めました。
 宇治の炭山工芸村の「魚雲窯」さんの作品です。

 気に入りました。
 落とさないよう大事に毎日使いたいと思う。

 友だちがいたコカリナ工房のブースにも
立ち寄らせてもらい、小麦粉を使わないお好み焼きと
ビールをごちそうになりました。

 音楽療法の仕事をしている姉へのみやげに
バリトンコカリナを一つ
コカリナ
購入しました。
姉に送る前にちょっと私もいっぱい吹いて癒されてみようかな。
 ここのブースはどこよりも
賑やかで楽しげな空気が漂っていました。

 芸術で食べていくのは大変なことですが
 何かを作る!
 作った何かで 奏でる!って いいですね。

石清水灯燎華2019/05/07 13:49

 4日夕方からの
夜間特別拝観「石清水灯燎華」を観に
行ってきました。

 私も献灯してきました。


 山門に向かう幾つもの灯篭の中は
LED電球の灯りでしたが
竹とろうそくの灯り



その他の飾りはろうそくの炎で
灯明や浄火の想いが伝わってきました。


 本殿での雅楽っぽい奉納演奏も
心地よかった暗闇でした。




       (裏から光の当たった切り絵も素敵でした)

達磨堂の万人講へ2019/04/22 11:06

 春と秋の年二回の万人講。
達磨大師坐像の特別開扉に行ってきました。

   http://empukuji.org/manninkou/
         京都八幡達磨堂

 修行中の若い雲水さんたちが作ってくださった
開運、厄除けの精進料理(1000円)も

いただいてきました。

 今日は30年ほど前にここで修行された
清水寺貫主、森清範氏の法話(一回目だけ)が聞けるということで
大勢の人たちでした。
(私は少し遅れてしまい二回目の法話になり、
達磨堂円福寺住職さんのお話でした)

 それでもこの場で 森貫主さまが書かれたという
 「令」の字が飾ってあり
お写真撮らせてもらってもいいとのことで
撮ってまいりました。

       さすがに力と祈りのある 心洗われる字体でした。

 もうすぐ始まる「令和」が
皆々さまにも いい時代となりますように、、、。

手作り市で買いました
       (境内で行われていた手作り市で↑買いました)
       (錫で作られた達磨と土偶、気に入りました)
  往復10キロ歩きました。
ぺたんこスニーカーに薄い靴下で
足の裏が痛くなってしまった。苦笑;)

新作歌舞伎NARUTOチケット買いました2019/04/17 14:50

 小学生のオマゴチャンを誘おうか迷い
歌舞伎会員発売日から少し遅れたが
でも 一枚だけのいい席が残っていたので
ポチッとしました。
若い巳之助さんも隼人さんも素敵ですし
大好きな梅玉さんも観られるし
すごーーーーく、楽しみです。
ナルトパンフレット

絵本
  ↑こんな絵本を見つけました。
  7年くらいかけて作られた絵本らしいです。
 すごく細かい!! 娯楽が少なかった時代のよさが味わえる一冊。
 じっくり見ようと思います。