人形の寺・宝鏡寺さんへ2020/02/10 14:36

 年にかいほどの人形展の時しか
開いてない宝鏡寺さん。
 京都冬の旅特別公開をしていたので
訪ねてみました。


 入ってすぐ右手に大きめの人形塚の碑がありました。



 人形よ
 誰がつくりしか
 誰に愛されしか
 知らねども
 愛された事實こそ
 汝が成佛の誠なれ

 展示されていた人形のお顔は孝明天皇や
皇女和宮様が可愛がっていたものなのか、
孤高で高貴な表情でした。
 何という間かはわからなかったけど
皇女さまや侍従さんたちが
「投壺」=とうこ という遊びをしている人形や投げ矢が
飾られていました。
 自由に外に出られない静謐な空気が広がっていました。

 足元から新進と冷える日でした。
 すぐ近くの
「田丸弥」さんで
「生ゆばたっぷりにゅうめん」をいただき、

あったまりました。
すっごく細麺でしたが美味しかったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャーと鳴く動物を漢字で書くと

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ukiukiaruko4.asablo.jp/blog/2020/02/10/9212247/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。