二冊目の御朱印帳に2019/05/14 15:21

 今年、二月に立派な大樟の木を見上げ感嘆し
立ち寄った「新熊野神社」で
道中護りの八咫烏のお印に惚れてしまい
初めて戴いた御朱印帳とご朱印。
 ながめて幸せ気分になり、
私の「ご朱印戴き巡りウォーク」の始まり。
 そんな中、平成から令和に変遷したこともあり
大変なご朱印ブームで、マナーが悪いとかよくない話を聞き
とても残念、、、。

 私もスタンプラリー感覚はちょっと嫌だなって思うけど
並ばせてもらった前後の人たちと話して
嫌な人には
出会わなかった。

 「一生懸命手書きしていただいてありがたいよね」って感じ、、。
 
 そんなこんなでウォーキングがてらの寺社巡り。
一冊目が薄手だったのもあって
とうとう二冊目に。。。
 どちらからまわってどこで御朱印帳を戴くか
あまり、格式が高そうな大きなところは私に合わないかと
迷った末、
伊藤若冲の菩提寺「法蔵時」で
いただきました。 ↓
ご朱印帳

伊藤若冲

法蔵寺ご朱印

熊野神社

アフロ仏


五劫思惟
    (↑金戒光明寺で戴いた、五劫思惟のご朱印)
    (みんなの悩みをたくさん聞かれて頭が大きくなったとか、、)

吉田神社
 
 他。特別公開中の正伝永源院や御辰稲荷神社、真如堂も
お参りさせて戴き、ご朱印もいただき、
暑い中、15000歩ほど歩きました。
 正直、信心深いわけではないけど、
古くからその時代時代の人々に崇められ
大切にされてきた社寺に手を合わさせてもらうと
ちょっぴり、心が洗われる気持ちになります。
 アート御朱印というと語弊があるかもしれないけど
ちょっとアート的な小さいその寺社独自のお印のある
ご朱印が頂きたい、眺めて幸せ気分になりたいです。 笑;;)