「SIMON DOLL」展へ2014/10/27 14:59

 日曜日、西宮の大谷記念美術館で
大谷記念美術館
開催中の
「SIMON DOLL」を観てきました。
横浜に住む娘が大好きな
関節を球体で動かせる人形作家・四谷シモンさんの
シモンごあいさつから
    (この自画像人形に シモンさんがよく顕れていると思う)
人形展です。
チケット
            (チケット)

一枚パンフレット
        (一枚物のパンフレット)
 最初、少女の球体人形5~6点(多分初期の作品)を観、
あまりの一点の曇りもない完璧な美しさに脚が一歩引いた。。。
顔も青ざめたかもしれない。
怖いと思った。

 一年に一作品しか作れない、どこまでも自分もピュアになって
魂を入れる人形を作る、、、、、見たいなことが書かれていたのが
心に止まった。
作成途中の展示
       (写真撮影が許されている展示コーナーより)
       (張子みたいな方法でつくっていくらしい、、、)

 たま~に、遠目に観させてもらうくらいが私にはいい。
内なる心で向き合うのはちょっとあまりにピュアで
しんどいかなと思いながら帰宅の途に、、。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャーと鳴く動物を漢字で書くと

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ukiukiaruko4.asablo.jp/blog/2014/10/27/7475337/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。