八尾若ごぼう2009/03/08 16:08

八尾若ごぼう
 スーパーでの買い物。
タラの芽やこごみ等、春の苦みが並べられてきましたね。
地生からじゃなく、ハウス栽培だったりするみたいな話も聞くし、
も一つその気になれなかったけど、
出張販売コーナーで「八尾若ごぼう」を見つけた。
蕗に似ていておもしろい思ったのと、葉、軸、根とすべて食べられるって
言葉に反応。早速一束298円で買ってみた。

 ◎軸と根の炒め煮
・根は洗ってそぎ、ささがきにし、あく抜きのため水にさらす(10~15分)
・軸も洗い3~4センチに切り水にさらす(10~15分)
鍋に油を熱し、ささがきにした根と細く切った油揚げ1枚分を炒め、
だし汁を加え柔らかくする。そこに軸を入れさらに醤油大さじ2と
みりん大さじ2を加え、軸が色よい内に仕上げる。

 ◎葉っぱとじゃこの甘辛煮
・葉っぱは塩を入れた湯でさっとあく抜きしじゃこと一緒に
甘辛煮にする。(だし汁、砂糖、しょうゆ、みりん)

 若ごぼうって牛蒡を間引いたもの??って思ったけど、
ちょっと検索してみたら、違うみたいです。
この時期の旬野菜として作られ出荷されているみたい。
栄養価も高いらしい。

 軸も根もあっさりやわらかで、ほんと美味しい。
春の先取り気分を味わえる。
 下ごしらえが少し手間ですが、その分
体が欲するものを食べる贅沢な気分になるから、ま~頑張ろうって思えちゃうよ。

コメント

_ 和代 ― 2009/03/17 12:36

つらら姫様
初めて、「八尾若ごぼう」というお名前を聞き、そして画像で見せていただいて、調理方法を読んで、白いご飯と一緒に食べたくなりました。残念ながら、手に入りませんので、あきらめますけれど、一つ知識が増えて、うれしいです。

_ つらら ― 2009/03/18 22:38

残念ですが、海外ではちょっと手に入らないやろなぁ。
でも白いご飯に、、、って気持ち、わかるような気がします。
梅干しや塩昆布、城ご飯に合うその一つが
何よりって!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャーと鳴く動物を漢字で書くと

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ukiukiaruko4.asablo.jp/blog/2009/03/08/4160116/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。